[ 依頼内容 ]材料設計のアイデアを持ったS社から、原料の調達と製造方法を確立したいと要望され、
量産に向けた試作と製造方法の開発を共同で進めることになりました。


ミーティング
  要望の詳細と試作テストのスケジュールを打ち合わせ。    
テーブルテスト
事前検査
  S社で試作したサンプルの基本物性を検査。その機能を再現し安定生産するのに、何がポイントかを検査したところ、使用原料(鉱物)の成分に特徴があることが判明。また、微粉状にするほど機能が向上することが分かった。  
XRFによる定量
・定性分析
資源の調査
製造方法
工程の検討
  「小型200KGボールミル・アルミナボール・地下水」の条件設定で、粉砕工程をスタート  
原料粉砕に
ナイロンボールミルを使用
200kg
小ロット生産で
確認検査
  選定した原料(鉱物)を使用し、予定の製造方法・工程で200kgロットの試作を実施。目的とする機能材料ができるかを確認検査する。  
 
ナイロンボールミルと小型スプレードライヤーを使用

XRDエックス線回折分析装置で機能材料の構造評価を検査

走査電子顕微鏡(SEM)で確認。その結果からさらに最適な条件を見つける。
データのまとめ/報告書作成
S社とスケールアップ(実生産)試験の検討と共同特許申請等について協議。
サイトマッププライバシーポリシー著作権について

株式会社マエダマテリアル 〒509-5401 岐阜県土岐市駄知町2321-2
tel(0572)59-1870 fax(0572)59-2033
Copyright(C)2007 MAEDA MATERIAL Co.,Ltd All Rights Reserved
.