大学では法学を専攻。いまの仕事とは畑違いもいいトコです。
僕の就活時代、たまたま“ファインセラミックス”が話題になっていまして、
思わず「これから伸びる分野だ!」と、飛びついたのが入社のきっかけでした。

当時は未だマエダマテリアルは無く、
親会社である前田陶料の構想の中に存在していたのみ。
僕は、その前身にあたる原料分析センターへ配属になったんです。
勉強しましたよ。何の知識も素養もないわけですから、
分析・評価機器など各種メーカーが実施する作業研修を受けに行ったり、
成分分析の専門会社に1ヶ月ほど通わせてもらったり。
今思えば、こんなド素人の自分に会社はよく投資したもんだと思います。

社長がチャレンジャーですからね〜。

マエダマテリアルの設立も、そこが大きく関係しています。
だからこそ、この会社を任された僕は、地場産業から脱却して
1歩進んだ分野の開拓を目指したい。
お客さんの要望に合わせて分析・評価し、試作するだけでなく、
自社製品の開発にも力を注ぎたいと思うのです。
それには業種にこだわらず相手先の分野にまで進出し、
各業界の技術レベルからデザイン面まで把握できる仕組みづくりが必要になる。

まずはスタッフ集めからですね。
ぜひあなたの力を貸してください。



原料や製品のサンプルを細かく砕き、
試薬を混ぜてガラスのビードを作り、分析機にかける。
そこで出されたデーターをパソコンに入力していくのが、私の役割です。
慣れてしまえば難しい仕事ではありませんが、
お客様製品の品質の良し悪しを左右するだけに、正確さは要求されます。
データを読み違えたり、計算ミス、入力ミスをすると製品がストップしてしまう。

今は特に成分や品質に対してシビアな時代ですからね。
それだけに責任があるし、緊張感とやりがいを感じます。


天然原料は嘘をつきません。
この原料なら、必ずこういう反応になるという答えがちゃんと用意されているんです。

もちろん、まだまだ未知の部分はありますよ。
そこを発見していくのが成分分析の面白さ。 飽きない仕事です。


サイトマッププライバシーポリシー著作権について

株式会社マエダマテリアル 〒509-5401 岐阜県土岐市駄知町2321-2
tel(0572)59-1870 fax(0572)59-2033
Copyright(C)2007 MAEDA MATERIAL Co.,Ltd All Rights Reserved
.